EXCELの上書き防止

会社などで複数の人が同じEXCELのブックを使用する際、データの保護にも気をつける必要がありますね。せっかくのデータを誰かが誤って修正し、さらに上書きされてしまうケースです。重要なデータならなおさらです。

バックアップはやはりコピーを取っておくのは当然ですが、他にも打つ手があります。それは「書き込みパスワード」の設定です。これならせっかくのデータの上書きを防ぐ事ができます。

【設定方法】
「ツール」
  ↓
「オプション」
  ↓
「セキュリティ」
  ↓
「書き込みパスワード」の設定。

これで終わりです。もちろんパスワードは忘れないようにして下さい。


パスワードの設定には必ずパスワードの再入力が求められます。もう一度同じパスワードを入力して終了したらOKを押して終了して下さい。


次からこのブックを開こうとすると最初にパスワードの入力が求められます。パスワードを知らない人は「読み取り専用(R)」を押して、読み取り専用として閲覧できます。さらにこの場合、タイトルバーにも「読み取り専用」と表示されます。


閲覧もされたくない場合は

【設定方法】
「ツール」
  ↓
「オプション」
  ↓
「セキュリティ」
  ↓
「読み取りパスワード」の設定。

これで終わりです。こちらの場合もパスワードは忘れないようにして下さい。

こちらもパスワードの入力の際、パスワードの再入力を求められます。注意して頂きたいのは、こちらの場合はパスワードを忘れてしまったら閲覧もできない事をお忘れなく。

パスワードの入力の際、英字は大文字、小文字も別の文字として認識されますのでご注意を。

●またこの「読み取りパスワード」を解除したい時は

【設定方法】
「ツール」
  ↓
「オプション」
  ↓
「セキュリティ」
  ↓
「読み取りパスワード」

ここでパスワードを削除してブックを保存する。これでパスワードの設定は解除されます。

パスワードに関してですが、例えばオンラインのサービス、ID、パスワードなどを入力してログインするサービスなどは、「パスワードを忘れたときは」などをクリックして身元確認できればパスワードやIDをメールなどで知る事はできますが、EXCELの場合は自分で管理、保管するしかないので、パスワード選びは慎重にする必要があります。


さらにエクセルをこなしたい方はこちら↓
エクセルをもっと活用する
-----PR-----

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル> ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。