エクセルで半透明の表を作成する

 「半透明の表」とは「半透明の写真を上から重ねた表」と事です。ワークシート上の表に、半透明の写真を重ねる事で写真の下からエクセルの表のデータが透けて見えることが出来ます。このようなケースの場合、「挿入」メニューを使うのかと思いがちですが、先に図形機能で枠を作成、そこに「塗りつぶし効果」を使って貼り付ける形になります。この方法なら写真を上手く半透明にする事が可能です。難しい設定ではありませんので、上手く利用して一味違う表を作成してみてはいかがでしょうか?ただしこの作業はエクセル2007以降のバージョンで可能です。ご注意を。

 

【設定方法】

表と写真を用意する

   ↓

重ねても読めるように文字の大きさ、色に注意

   ↓

貼り付けた写真を右クリック

   ↓

「オートシェイプの書式設定」タブを開く

   ↓

「色と線」

   ↓

「塗りつぶし」の「透明」欄で写真を半透明にする。

   ↓

透明度を調整する。65%など。


さらにエクセルをこなしたい方はこちら↓
エクセルをもっと活用する
-----PR-----

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル> ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。