エクセルの画面をはみ出す巨大な表をスクロールなしで選択

 エクセルの表作成の時、入力したデータ量が増え、表が大きくなってくると1画面で見えるような小さな表を作成する時とは、また違った操作が必要になって来ます。特に1画面に収まらない広い範囲を選択す場合は、画面のスクロールだけでは結構苦労しませんか?一つの解決策として、選択したい範囲の左上隅のセルをクリックし、今度は画面をスクロールして右下隅のセルを「Shift」キーを押しながらクリックするのも一つの方法ですが、もっと簡単な方法もあります。

 

【設定方法】

表内のいずれかをのセルをクリック

(※重要、必ず作成した表のセル)

   ↓

「Ctrl」キーと「Shift」キーを押しながら「*」キーを押す

 

ワンポイントアドバイス

 罫線が引かれて見かけは表の形になっていても、データの入っていない行や列があれば、そこで表は終わりと判断させます。

 

 実際に選択されるのはアクティブ領域と呼ばれる範囲です。

「編集」

  ↓

「ジャンプ」

  ↓

「セル選択」

  ↓

「アクティブセル領域」

でも同様に選択できます。ただしテンキーの時と同様、表内のセルを必ず選択して下さい。


さらにエクセルをこなしたい方はこちら↓
エクセルをもっと活用する
-----PR-----

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル> ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。