エクセルのファンクションキーF11を無効に

 当然ですがエクセルにもキーボード上のファンクションキーにも様々な、機能が割り当てられています。例えばF1はヘルプ画面を表示し、F2はセルを編集状態にします。ところが、誤ってこのファンクションキーを押してしまう事があります。特に面倒なのはF11で、このファンクションキーはいきなりグラフを作るもので、必要な時は便利ですが、誤ってファンクションキーを押したくないものです。そこで特定のブックに限りF11を無効にする方法を紹介します。正確にはそのブックを起動すれば無効になりますが、いったんエクセルを終了すれば、別のブックでは、元通りに使える。

【設定方法】
ブックを開いた状態
  ↓
「Alt」+「F11」キー
  ↓
マクロの編集画面(Visual Basic Editor)米
  ↓
「挿入」メニューの「標準モジュール」を選択
  ↓
コード用のウィンドウが開いたら以下の内容を入力
Sub auto_open()
Application.Onkey"[F11]",""
End Sub
  ↓
終了したら「Alt」+「Q」キーで編集画面を閉じ、上書き保存してからブックを閉じる
  ↓
同じブックをもう一度は開く
  ↓
セキュリティ画面が表示される
  ↓
「マクロを有効にする」を選択する

不要になったマクロを削除するには、上記の米印を開き、左側の画面の「標準モジュール」内にあるモジュールを右クリックして、メニューから「Module1の解放」を選択する。

マクロの設定が高ければ、このワザも使えません。このような場合、「ツール」メニュー→「マクロ」→「セキュリティ」で「中」に変更します。
-----PR-----
さらにエクセルをこなしたい方はこちら↓
エクセルをもっと活用する
-----PR-----

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル> ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。