エクセルの円単位をユーロや他国の通過で表示する

 エクセルに入力する数字はただの数字ですが、実際には個数や人数、通貨だったりと単位が付くものです。作成する表によって当然ですが、数字の単位は変わります。中でも金額を扱うケースはいちばん多いのではないでしょうか?エクセルにはこの金額の単位を使う際に色々と便利な機能が用意されています。例えば、「通貨」用の書式を使うと金額データの数値に、世界各国の通貨記号や、それを意味する文字を添えて表示する事が出来ます。

【設定方法】
ユーロ記号付きで表示したい金額部分のセルを選択
  ↓
「書式」
  ↓
「セル」
  ↓
「表示形式」タブを開く
  ↓
「分類」欄で「通貨」を選択
  ↓
「記号」欄のメニューから使いたいユーロ記号を選択する
同様にして他の通貨記号も設定出来ます。
-----PR-----
さらにエクセルをこなしたい方はこちら↓
エクセルをもっと活用する
-----PR-----

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル> ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。