エクセルで入力を軽減する

 データ入力をする際、入力する語句があらかじめ決まっているような場合、例えば5種類の語句しかないと分かっている場合、いちいち語句を入力するのは面倒ですね。しかもメモ帳などを使ってその都度コピーして貼り付けするのもあまりスマートではありません。ここでは、あらかじめ決まった内容をメニューから選ぶ形で入力する設定方法を紹介します。この設定には「入力規制」と言う機能を使います。これを使ったセルでは、データを入力する際、横に表示される「▼」ボタン(エクセル上部fxの左側)から入力したい内容を選択できます。

【設定方法】
入力用に使いたい項目リストを、あらかじめ別の場所に用意しておく
  ↓
   A列
1  種類
2 ノーマル
3 ゴールド  と仮定します
4 シルバー
5 プラチナ
  ↓
C列の各セルに上記の1〜5を入力したいとします
  ↓
C列の入力したい範囲を選択します
  ↓
「データ」メニュー
  ↓
「入力規制」-「設定」タブを開く
  ↓
「入力値の値」を「リスト」に設定する
  ↓
「元の値」に「=種類」と入力
或いは「元の値」のいちばん右の四角をクリック、入力用に使いたい項目リストを選択する(ここでは、ノーマルからプラチナまで)
  ↓
設定したセルをクリックすると、セルの右端に「▼」ボタンが表示され、そこから入力したい内容を選択できます
-----PR-----
さらにエクセルをこなしたい方はこちら↓
エクセルをもっと活用する
-----PR-----

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル> ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。