グラフの大きさを変えても文字の大きさを変えない

グラフウィザードで作成したグラフは、表作成の際バランスを考えると、そのままで使う事はそれほど多くはないのではないでしょうか?グラフ全体のサイズや目盛りの設定、文字サイズの設定、色の変更など色々手を加えるのが通常でしょう。その方が見やすくなります。特に文字のサイズは意外とグラフの見やすさを左右します。グラフの初期設定では、文字の大きさはグラフ全体のサイズに合わせて自動調整されます。ここではこのチェックを外してみます。

【設定方法】

「グラフエリアの書式設定」-「フォント」⇒「自動サイズの調整」のチェックを外す

 

初期状態で作成したグラフ

 

少々分かりにくいですが、120%で拡大したグラフです。グラフの大きさに伴い文字も大きくなっています。

 

「自動サイズ調整」のチェックを外します

 

 

このグラフは50%にしたものです。しかし、「自動サイズ調整」を外してから、グラフの大きさを変えたので文字の大きさはそのままです。

-----PR-----
さらにエクセルをこなしたい方はこちら↓
エクセルをもっと活用する
-----PR-----

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル> ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。