EXCEL(エクセル)入力規則の使い方

エクセルの機能の一つに「入力規制」と言うものがあります。これは誤ったデータを入力した際、注意を促すメッセージが表示され、再入力を求めるようになっています。このように条件に合わなければ注意を促す設定はエクセルでは簡単に設定することができます。

【設定方法】

条件設定は「データ」

  ↓

「入力規制」-「設定」

表示メッセージは「エラーメッセージ」タブ

 

☆以下のように、誤ったデータを入力し、エラーメッセージが表示されるように設定しましょう。

 

☆ご希望の配送日を入力するセルC7を選択し、「データ」から「入力規制」を選択します。

 

☆「入力規制」のタブを開き、「設定」を選択。「入力値の種類」は「日付」を選択、また「データ」はそのまま「次の値の間」、「次の日付から」には「=C4」、「次の日付まで」には「=C5」と入力します。

 

☆次にエラーメッセージを設定します。「エラーメッセージ」タブを選択し、「タイトル」と「エラーメッセージ」に入力します。これで完成です。

 

☆「データの入力規制」タブで色々な設定が可能です。

-----PR-----
さらにエクセルをこなしたい方はこちら↓
エクセルをもっと活用する
-----PR-----

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル> ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。