電話番号の「-」(ハイフン)だけ抜く裏ワザ

 エクセルの表作成の際、電話番号をデータとして扱う際は、桁数の関係で色々難しい点が多いです。地域によって市外局番、市内局番の桁数が違っていたり総桁数も固定電話と携帯電話で異なる事が多いからです。郵便番号のように一種類の表示形式では扱えないので、いちいち手動で「-」(ハイフン)を入力している人も多いのではないでしょうか?エクセルでは、こうしたデータは必要に応じて、ハイフンのない番号だけの形に置き換える事も出来ます。

 他の方法として、文字の置き換えは「編集」→「置換」でも出来ますが、電話番号の場合、置き換え後に頭の「0」が欠けてしまう難点があります。その為ここでは「SUBSTITUTE関数」を利用します。

【設定方法】

D列に電話番号データ、E列は空白と仮定する

   ↓

電話番号データの横の空欄を選択する

   ↓

関数入力fx=SUBSTITUTE(D3,"-","") D3は電話番号の入力された一番上のセル

   ↓

これで隣のE3が選択されていたらハイフン無しの番号が表示される

   ↓

同様にして他のデータもハイフン無しに置換する

   ↓

E列の置換が終了したらコピペしてD列に貼り付けをする

値の貼り付けはこちらを参考にここをクリック

 

-----PR-----
さらにエクセルをこなしたい方はこちら↓
エクセルをもっと活用する
-----PR-----

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル> ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。