エクセルの画面に表示できるいちばん大きな文字と小さな文字

 エクセルに入力する文字の大きさは決められているわけではありません。必要に応じて大きさを変え、表にメリハリをつけると一味違う表が完成されます。いわゆるフォントの変更ですが、フォントサイズボックス(書式設定ツールバー)のメニューにある、最初から設定されている6ポイントから72ポイントのサイズを選択しなければいけないという事ではありません。実は直接数字を入力する事により、設定されている数字以外の大きさに設定する事ができます。何と最大は409ポイントの大きさに設定できます。最小は1ポイント。エクセルは案外融通の利くソフトです。これで思い通りの表を作成しましょう。

 

【設定方法】

フォントサイズボックス(書式設定ツールバー)のサイズが表示されている部分をクリックしてサイズ欄に直接数字で入力する(1〜409ポイント)  

 

 ワンポイントアドバイス

サイズの数値は0.5ポイント刻みで指定できます(9.5ポイントなど)1ポイントは1/72インチ(約0.35ミリ)。mm、cm単位での大きさの指定はできません。


さらにエクセルをこなしたい方はこちら↓
エクセルをもっと活用する
-----PR-----

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル> ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。