エクセルの表をウェブサイト用に保存する

 ウェブサイトにアップする際、作成したエクセルの表そのものを表示した方が良い場合があります。エクセルはワープロソフトに比べ自由度が高く、使いこなせれば思い通りの表が作成できるからです。ネットサーフィンをしていても、エクセルで作成された表がウェブサイトで表示されているのをご覧になった方も多いはず。ここでは作成したエクセルの表をウェブサイト用に保存する方法を紹介します。あとはHTMLサイトと同じようにサーバーにアップロードするだけです。

【設定方法】

「ファイル」⇒「名前をつけて保存」⇒ファイルの種類を「webページ」にして「保存」

webページ用に保存したいブックまたはシートを開きます。

「ファイル」メニューの「名前を付けて保存」を選択する。さらに「ファイルの種類」を「webページ」に設定します。特定のシートだけかブック全体かも、ここで選択できます。指定後は「保存」ボタンをクリック。

ブラウザーで開いた状態です。シートのみの表示ですが、ブックを保存しブラウザで表示した際は、エクセルでの閲覧と同じく左下のシート見出しで切り替える事ができます。

※「名前を付けて保存」のダイアログボックスでは、色々な設定で保存する事ができます。

-----PR-----
さらにエクセルをこなしたい方はこちら↓
エクセルをもっと活用する
-----PR-----

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル> ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。