図形を結ぶ線は便利なコネクタで結ぶ

図形描画ツールバーには色々な図形を描くためのボタンが用意されています。これらを組み合わせたり、文字を加えたり、また色を形を調整する事で表やグラフをさらに分かりやすくしたりと、様々な表作成が可能となります。しかし複数作成した図形は気を付けないと、図形と図形を結ぶ線がずれてしまう事があります。作成時うっかりしないためにも、ここでは「コネクタ」を使い、図形通しの線が離れないようにしましょう。

【設定方法】

図形描画ツールバーを表示⇒「オートシェイプ」⇒「コネクタ」⇒使用するコネクタ

上の表は見た目はきれいに仕上がっていますが、図形通しが線でつながっていないと、うっかりすると下の表のようになります。

こうならないためにも、「コネクタ」でつなげておきましょう

これが図形と図形を結ぶ時に使う「コネクタ」です。ツールバーの図形描画のボタンを押すと、エクセルの表の下に現れます。そして色々な種類があります。ここではシンプルに直線で結びます。

「コネクタ」を使うと、図形間に線を引く際、始点と終点を自動的に既存の図形の枠に合わせてくれるので便利です。

 

「コネクタ」で図形間を結ぶ線を引いた場合、個々の図形を移動しても、コネクタ線は必ず図形と図形を結び続けます。

 

※複数の図形をひとつにしてしまう「グループ化」という方法もあります。こちらは「Ctrl」キーを押しながら複数の図形を同時に選択し、「図形の調整」⇒「グループ化」、元に戻す時はグループ化した図形を選択して「図形の調整」⇒「グループ解除」

-----PR-----
さらにエクセルをこなしたい方はこちら↓
エクセルをもっと活用する
-----PR-----

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル> ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。