セル内の数字を微妙に離す

 数値を入力していて、ご不満を抱いた事はありませんか?ご存知の通り、エクセルは表計算ソフトであってワードなどのワープロソフトではありません。表計算、表作成が目的のソフトです。実はエクセルは微妙な書式設定は案外不得意と言えます。これを少しでも解消するため、ここでは数値データをセルの右端の枠から微妙に離すテクニックを紹介します。「標準」ではくっつき過ぎ、「数値」に設定すると離れすぎ、このような不満を抱いているこだわり派には便利なワザと言えます。

【設定方法】
「書式」
  ↓
「セル」
  ↓
「配置」タブを開いて「右詰(インデント)」を使う
「文字の配置」の「横位置」をこれに設定しインデントを「1」にすれば、全角文字1文字分だけ枠から離れます。

※もう少し微妙な距離を空けたい場合
「書式」
  ↓
「セル」-「表示形式」タブを開いて「ユーザー定義」を使います。
右側の「種類」の後ろに「_i」と入力すると、英字「i」の字幅分だけ枠から離れます。
「#,##0,」⇒「#,##0,_i」
同様に「_A」とすると、英字Aの字幅分だけ離れます。つまり「_」に続ける文字は何でも可です。また組み合わせも出来「_iA」ならiAの分離れます。ただし「_」を忘れないように。
-----PR-----
さらにエクセルをこなしたい方はこちら↓
エクセルをもっと活用する
-----PR-----

[Dell]決済後最短翌日出荷!<即納モデル> ダイエット
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。